老後の資金準備に有効!活用すべき終身型の個人年金保険

2016年11月30日
個人年金
Pocket

個人年金保険 終身型

老後に備える資金準備の選択肢の1つとして、終身型の個人年金保険への加入を検討している方も多いのではないでしょうか?

最近では厚生保険や国民健康保険だけでは将来に不安を感じているという人も多く、老後資金の準備として終身型の個人年金保険への関心が高まっています。

終身型の個人年金保険は将来への対策として有効な方法ですが、注意しておいてほしいポイントもいくつか存在しています。
加入を決める際には、メリットやデメリット、注意点など対象となる保険についてしっかりと理解することが大切です。

今回は終身型の個人年金保険とはどのような保険なのか、詳しくお伝えします。

1.終身型の個人年金保険とは

個人年金保険は保険料を積み立てることで、将来、年金として受けとることができる貯蓄型の保険で、主に終身型、確定型、有期型の3つの種類があります。

確定型の個人年金保険は、年金を受け取れる期間があらかじめ定められている保険です。

有期型の個人年金保険は、年金が受け取れる期間が決まっているものの、期間内に被保険者が亡くなった場合には、その時点で給付がストップしてしまうという特徴を備えています。

そして終身型の個人年金保険は、一定期間まで保険料を支払い続けることによって、一生涯年金を受け取ることができるという点が特徴です。
他の保険と比較をすると、厚生年金や国民年金といった公的年金に近い性質を備えた保険であるといえるでしょう。

【10年保証期間付終身年金の例】
10年保障期間付終身年金

2.終身型の個人年金保険のメリット

終身型の個人年金保険は一生涯年金を受け取れるという特長があります。
長生きをした場合に生じる経済的なリスクに備えることができるという点は、確定型や有期型の個人年金保険にはない、終身型の個人年金保険ならではのメリットです。

公的年金だけでは将来が不安だと感じる人は、個人年金保険にも加入することによって、保障を強化することができます。
経済的な備えとしても、有効な方法であるといえるでしょう。

3.終身型の個人年金保険のデメリット

「生きている限りは年金が支給される」という終身型の個人年金保険の特徴は、場合によっては支給される年金の総額が少なくなってしまう可能性も含んでいます。
一生涯年金を受け取ることができる終身型の個人年金保険は、長生きするほど多くの保険金が受け取れる仕組みとなっています。

しかし、早くに亡くなってしまった場合は、受け取れる年金の総額が少なくなってしまうことになり、場合によっては、支払った保険料よりも支給された年金が少なくなってしまう「元本割れ」を引き起こす可能性もあります。

4.終身型の個人年金保険に向いている人とは?

「生涯にわたって年金の支給が保証されている」というメリットと「早く亡くなると総合的な支給金額が少なくなってしまう」というデメリットを持つ終身型の個人年金保険は、どういった人に向いているのでしょうか。
その具体的なケースと、他の個人年金保険と組み合わせた活用方法について紹介します。

4-1.遺族の相続が心配なお年寄り

自分が亡くなった後、遺族に課せられる相続税が不安な人には、終身型の個人年金保険への加入がおすすめです。
その理由は、終身年金保険は被保険者が亡くなった後で保険金が支払われることがないために、課税対象になる財産が増える心配がないためです。

また、終身保険に加入していると生活資金に困る可能性も少なくなるので、生きているうちに財産を子供や孫などに渡す、生前贈与を行う上でも便利です。

4-2.独身の方

独身の方で、子どもや孫など財産を相続させたい人がいない場合、「長生きをした場合に生活の保障がなくなる」という点が、もっとも大きな不安要素となります。

終身型の個人年金保険は生きている間は年金が支給され続けるため、こうした不安を解消することができる魅力的な保険商品だといえるでしょう。

5.終身型の個人年金保険をうまく活用する方法

終身型と確定型、両方の個人年金保険に加入することで得られるメリットがあります。

終身型の個人年金保険は、被保険者が早期に亡くなってしまった場合には年金の支給額が少なくなってしまいますが、確定型の個人年金保険は亡くなってしまっても、定められた期間までは遺族に年金が支給されます。
さらに確定型で定められた期間内に亡くなった場合には、支給される保険金の総合的な金額は、終身型よりも定額型の方が高くなる傾向があります。

なので、終身型と確定型の2つの個人年金保険に加入していると、両方の保険のメリットをバランス良く利用でき、将来的なリスクに備えることができます。

例えば、一般的な夫婦の場合には、2人とも長生きをする可能性と、逆にどちらかが早く亡くなってしまう可能性の両方が考えられます。
終身型と確定型の保険に加入しておくことで、一方の保険のメリットがもう一方の保険のデメリットを補填することが可能となり、考えられるリスクを解消することができるのです。

ただし両方の保険に加入した場合には、保険料の支払いにかかる負担も大きくなります。
満期まで保険を支払い続けるために、ある程度の経済力があることが条件となります。

6.まとめ

有期型の個人年金保険は、長期的な老後への備えとしては非常に魅力的な保険です。
しかしその一方で、早く亡くなってしまった場合は、受け取れる保険金の総額が少なくなってしまう可能性もあることも覚えておかなければいけません。

将来のリスクを確実に把握することは難しいですが、将来の自分が適切な保障を受けるためには、充分に検討をした上で選択をする必要があります。
「相続する相手がいるのか」「独身か」といった自分の状況を鑑みた上で、自分に合った個人年金保険を見つけましょう。

保険の加入や見直しをするなら無料相談を活用しよう!

ご自身の保険について更に詳しく聞きたい方には、全国の保険ショップで実施している無料相談を利用することをオススメいたします。

やはり対面でプロから直接教えてもらうと、様々なことに気づいて、本当に自分に合った保険が選べますし、保険料が安くなることも多くあります。

どこに行けばいいかわからないというかたは、全国1000店舗以上からお近くの保険ショップを探せるサイトがあるので、まずはそちらで検索してみるとよいでしょう。

インターネットで来店予約までできるので、ぜひ賢く利用して、納得の保険に加入しましょう。

⇒ 保険相談するなら、気軽なお近くの店舗で

Pocket

無料PDFプレゼント
【ライフステージ別に考える!生命保険の選びかた】

生命保険はどう選べば良いのか基準がわからず迷うことも多いですよね。

そこで「保険の知りたい!」から無料で読めるPDFをプレゼントいたします!

ライフステージ別に考えれば、加入すべき保険が見えてくる!!

なるべくわかりやすく解説してますので、ぜひご一読ください。


POPULAR POSTS- 人気記事 -

LATEST POSTS- 新着記事 -

RELATED SITES- 関連サイト -