変額保険の種類と知っておきたいメリット・デメリット

2017年1月30日
生命保険
Pocket

変額保険 メリット デメリット

将来の資金を残すために、変額保険への加入を検討する人も多いですが、どのようなメリット・デメリットがあるのか、ご存じでしょうか?

変額保険とは、運用によって将来受け取る保険金や解約返戻金などの金額が変わる保険なので、ハイリスク・ハイリターンな保険であるともいわれています。

運用が好調な場合はハイリターンも期待できますが、逆に予想より利益が少なくなるかもしれないというリスクも存在しています。

このリスクをしっかりとコントロールし、うまくメリットを活用するためには、変額保険の仕組みやメリット・デメリットを総合的に知っておくことが重要です。

そこで今回は変額保険について、知っておきたいメリット・デメリットをご紹介します。
契約を検討する前に、変額保険の特徴をおさえておきましょう。

1.変額保険はどんな保険?

1-1.変額保険の特徴

変額保険とは、保障だけを主な目的とする一般的な保険とは違い、資産運用も主な目的とする投資性の強い保険商品です。
満期保険金や解約返戻金はそのときの運用次第で増減します。

しかし、万一のときの死亡保険金額は、増額されることはあっても減額されることはありません。

変額保険の特徴01

1-2.変額保険の種類

変額保険には、「終身保険タイプ」「有期保険タイプ」「個人年金保険タイプ」の3種類があります。

1-2-1.終身保険タイプ

変額終身保険は、一生涯の保障を備えつつ、資産運用を行いたい場合に使われる保険です。
確実にお金を増やしたいなどの貯蓄性を重視している場合、保険料払込終了後でも元本割れするリスクがあるためおすすめできません。

しかし、貯蓄性を重視しておらず、解約する気もないのであれば、通常の終身保険よりも保険料が割安ですし、運用実績がいいときに保険金が増えるというメリットがあるのでおすすめです。

1-2-2.有期保険タイプ

変額有期保険は、保障期間中に死亡すれば遺族が死亡保険金を受け取り、満期まで生きていれば本人が満期保険金を受け取れるタイプの保険です。
このように死亡しても生存していてもお金を受け取れる保険のことを一般的には養老保険と言います。

このタイプの保険は、運用実績がいいと死亡保険金も満期保険金もともに増えるのでオトク感があります。
一方で、運用実績が悪いと満期保険金が減ってしまいますので、満期時にお金を使う予定がある人は注意が必要です。

1-2-3.個人年金保険タイプ

変額個人年金保険は、保険料を支払い、それを運用したのち、指定した年齢から年金を受け取るタイプの保険です。

商品によっては元本保証されているものもありますが、基本的に受け取れる年金額は運用実績により増減し元本割れすることもありますので、それだけをアテにリタイアメントプランを思い描くことのないよう注意しましょう。

1-3.投資信託との違い

変額保険はよく投資信託に似ているといわれます。
投資信託は、複数の投資家から集めたお金をプロが株式や債券などさまざまな投資先に分散して運用する金融商品です。

変額保険も似たように運用を行いますが、投資信託ほど投資性は強くなく、リスクを抑えられる反面、総コストは高くなるという特徴があります。
あくまでも保険ですので、資産運用だけが目的であるなら、投資信託を選択することをおすすめします。

2.変額保険のメリット

2-1.保険料が安い傾向にある

他の保険に比べ、同じ保障でも変額保険の方が安くなる傾向にあります。

また変額保険は運用益が出た場合にその利益を引き出せるという特典もあるため、その利益を保険料にあてられた場合には、非常にオトクな商品と言えます。

2-2.インフレが起きると利益が大きい

物価が上がりお金の価値が下がることをインフレーションと呼びます。
一般的な保険では、保険金額は固定されているため、このインフレリスクに対応することができません。

しかし、変額保険の場合、市場金利と比例して保険金や解約返戻金も増額するので、インフレリスクにも備えることができます。

2-3.最低限の保障は確保されている

死亡保険金には最低保証が約束されているので、どんなに運用実績が悪いタイミングでも、契約時に決めた金額以上の保障を遺族に残すことができます。

3.変額保険のデメリット

3-1.手数料が高い

「1-3.投資信託との違い」で変額保険の方が投資信託よりもコストがかかることをお伝えしましたが、具体的には投資信託の手数料が概ね1~3%程度なのに対し、変額保険では30%~40%といわれています。

3-2.運用の結果に利益が左右される

保険というのは長い目で見る必要があります。
何十年も先の経済状況を見通すのはプロでも難しく、契約時は好景気だったとしても、保険金や返戻金を受け取るタイミングで不景気になっている可能性は充分あり得ます。

もちろん保険会社もその時代にあった最善の運用をしてくれますが、やはり元本割れのリスクもありますので、加入をするのであれば、それなりの覚悟が必要になります。

4.変額保険が向いているケースとは

4-1.投資に自信がある人

ここまでご覧いただき、変額保険は他の保険商品に比べ、投資性のある商品だということがご理解いただけたかと思います。

契約時にはご自身で投資先やその割合等を決定しますので、投資や経済などの知識が豊富な人ほど、変額保険は適しています。

4-2.最低限、死亡保険さえあれば困らない人

保険料が割安なので、万一のときに一定金額以上の死亡保険金を受け取れればいいとお考えの方にはおすすめの商品といえるでしょう。

一例として、保険会社Aの変額保険に加入し、保険金額を1,000万円に設定した35歳男性が60歳までの払い込み期間で契約した場合、通常の保険だと28,910円なのに対し、変額保険では27,440円、と月額1,000円以上オトクになるケースもあります。

5.まとめ

投資の性質が強い変額保険は、運用の結果によって利益が大きく左右されてしまいます。
そのため、魅力的な保険であるかどうかは、個々の判断に委ねられることになります。

契約後に後悔をしないためにも、変額保険のリスクについても充分に理解した上で、積極的な保険選びをするようにしましょう。

保険の加入や見直しをするなら無料相談を活用しよう!

ご自身の保険について更に詳しく聞きたい方には、全国の保険ショップで実施している無料相談を利用することをオススメいたします。

やはり対面でプロから直接教えてもらうと、様々なことに気づいて、本当に自分に合った保険が選べますし、保険料が安くなることも多くあります。

どこに行けばいいかわからないというかたは、全国1000店舗以上からお近くの保険ショップを探せるサイトがあるので、まずはそちらで検索してみるとよいでしょう。

インターネットで来店予約までできるので、ぜひ賢く利用して、納得の保険に加入しましょう。

⇒ 保険相談するなら、気軽なお近くの店舗で

Pocket

無料PDFプレゼント
【ライフステージ別に考える!生命保険の選びかた】

生命保険はどう選べば良いのか基準がわからず迷うことも多いですよね。

そこで「保険の知りたい!」から無料で読めるPDFをプレゼントいたします!

ライフステージ別に考えれば、加入すべき保険が見えてくる!!

なるべくわかりやすく解説してますので、ぜひご一読ください。


POPULAR POSTS- 人気記事 -

LATEST POSTS- 新着記事 -

RELATED SITES- 関連サイト -