加入検討者必見!貯蓄型保険の種類とメリット・デメリット

2016年12月28日
生命保険
Pocket

貯蓄型保険 種類

もしもの時はしっかり保障を受けることができ、さらに将来に向けて経済的な備えもできる貯蓄型の保険って、なんだか魅力的に感じませんか?

保険商品の中には、いわゆる掛け捨て型の商品だけでなく、このようなニーズにも対応できる「貯蓄型」と呼ばれるものも存在します。
貯蓄型保険にも様々な種類があり、それぞれに特徴があります。

必要となる将来の備えの形も人それぞれです。
だからこそ、数ある商品の中から目的に適った保険選びをすることが必要不可欠です。

ここでは貯蓄型保険の種類とそれぞれのメリット・デメリットについてお伝えします。
本記事を参考に、それぞれの性質の違いを理解し、最適なの保険選びに活かしてください。

1.貯蓄型保険とは

生命保険は大きく分けて、掛け捨て型と貯蓄型があります。

【掛け捨て型保険】
掛け捨て型保険とは、基本的に解約返戻金や満期保険金がなく、その分だけ保険料を安く抑えることができる保険です。

【貯蓄型保険】
一方、貯蓄型保険とは、支払った保険料を積み立て、解約返戻金や満期保険金として受け取ることができる保険です。
解約返戻金や満期保険金がある分、掛け捨て型保険と比べて、保険料が高めに設定されています。
この貯蓄型保険にも、終身保険や学資保険、個人年金保険などいくつかの種類がありますので、それぞれの特徴やメリット・デメリットと合わせてご紹介していきます。

2.貯蓄型保険その1:終身保険

2-1.終身保険とは

終身保険とは、保障が一生涯続く保険のことです。
保障期間と保険料払込期間は別々に設定できるため、例えば60歳まで払い込み、そのあとは保険料を払わなくても一生涯保障されるプランにすることも可能です。

一般的に「終身保険」と言えば「死亡保険」のことを指しますが、医療保険にも終身保険は存在します。
死亡保険と区別するために「終身医療保険」と呼ばれることが多いです。

2-2.終身保険のメリットとデメリット

【メリット】
一生涯の保障なので、若いうちに保険料の払い込みを終えることで、心にゆとりがうまれます。
掛け捨てタイプの定期保険とは対極的で、終身保険は貯蓄性の高い保険として有名です。

【デメリット】
貯蓄性が高い保険として有名な終身保険ではありますが、満期という概念がないため、貯蓄性のメリットを得るときは解約するときになります。

つまり、そのメリットを手に入れるには、一生涯の保障を手放さなければなりません。
安易な解約をせず、契約者貸付制度などを検討しましょう。

2-3.終身保険が向いているケース

安易な解約は避けるべきですが、ライフプランの戦略として解約するのであれば、終身保険は役立つ保険と言えるでしょう。

例えば、子どもが小さいうちは解約をせず、学費などがかからなくなったタイミングで解約をすれば、まとまったお金を老後の生活費として使うことが可能です。

3.貯蓄型保険その2:学資保険

3-1.学資保険とは

契約者を親、被保険者を子どもとして加入するタイプの保険で、教育資金準備として用いられます。
この保険の場合、被保険者が子どもとなるため、子どもに万一のことがあれば保険金が支払われますが、親に万一のことがあっても保険金は支払われません。

3-2.学資保険のメリットとデメリット

【メリット】
学資保険は、満期時に満期保険金が支払われ、保険契約者である親が死亡または高度障害になった場合には、それ以降の保険料の支払いは免除になります。

また、商品によっては進学時期にあわせて入学祝金などを受け取れるものがあります。

【デメリット】
被保険者が子どもとなるため、親に万一のことがあった場合、基本的に保険金が支払われることはありませんが、中には、親が亡くなったあと、満期までの間、満期保険金とは別に定期的にお金を受け取れる育英年金などの保障がある商品も存在します。

しかし、保障が多くなると貯蓄性は低くなり、最悪の場合、元本割れしてしまうので注意が必要です。

3-3.学資保険が向いているケース

学資保険はあくまで教育資金目的で利用することをおすすめします。
その他の目的に使う場合は、「高校卒業後はすぐに就職する」などお子さんの進路が決定し、学資保険を使う予定がなくなった時だけにしましょう。

4.貯蓄型保険その3:個人年金保険

4-1.個人年金保険とは

公的年金だけでは老後が心配、という人が自分で年金を用意するための保険です。
契約時に決めた年齢に達したときから毎年年金を受け取ることができます。
主な受け取り方は下記の4種類です。

受け取り方の種類 受け取れる条件 受け取れる期間
終身年金 生きている限り 一生涯
確定年金 生死に関わらず 一定期間
有期年金 生きている限り 一定期間
夫婦年金 夫婦のどちらかが生きている限り 一生涯

4-2.個人年金保険のメリットとデメリット

【メリット】
その名の通り、年金形式で受取れるため、計画的に使うことができます。

また税制上の要件を満たす契約については、個人年金保険料税制適格特約を付加することにより、個人年金保険料控除の対象となりますので、所得税や住民税の節税に繋がります。

【デメリット】
個人年金保険は契約時の貨幣価値と将来の貨幣価値が同じものとして計算されています。

そのため契約時はパン1個が100円だったけれども、老後を迎えたタイミングではパン1個が500円になっているといった物価上昇に伴うインフレリスクには対応しきれないので注意が必要です。

4-3.個人年金保険が向いているケース

個人年金保険は、保険という名前がついているものの、その実態は金融商品です。

金融商品の中ではローリスク・ローリターンなので、リスクを抑えて確実に貯めたい人には向いている商品といえます。

5.まとめ

終身保険・学資保険・個人年金保険といった貯蓄型の保険の中にも様々な種類があり、それぞれに異なる長所と短所が存在しています。

保険のメリットを無駄なく活用するためには、あなたが望む保障をしっかりとイメージした上で、その内容に適した特徴を備えた保険を選ばなければなりません。

貯蓄型の保険は、これからの将来を支えていく大切な資産です。
後悔しないように、じっくりと考慮を重ねて選びましょう。

まだ保険を見直してないのですか?生命保険料が値下げされた今こそ見直すチャンス!

2018年4月に「標準生命表」の改訂され、保険料が下がっていることをご存知ですか?

これは、保険会社が「みなさん長生きするから保険料の払い出しが減っているので、その分保険料を安くしますよ」ということなのです。

せっかくのこの機会に、加入している保険を見直すべきです!

きちんと対面で保険について教えて貰いましょう

見直しには全国の保険ショップで実施している無料相談を利用することをオススメいたします。

やはり対面でプロから直接教えてもらうと、様々なことに気づいて、本当に自分に合った保険が選べます。

どこに行けばいいかわからないという方は、全国250店舗以上ある【保険見直し本舗】さんがオススメです。

取り扱っている保険の数がとにかく多いので、ピッタリのプランをきっと提案して貰えます

また、一部の都市部に偏った店舗展開ではなく、全国的に訪れやすいのも魅力です。

⇒ 保険相談するなら、気軽にお近くの店舗で

Pocket

無料PDFプレゼント
【ライフステージ別に考える!生命保険の選びかた】

生命保険はどう選べば良いのか基準がわからず迷うことも多いですよね。

そこで「保険の知りたい!」から無料で読めるPDFをプレゼントいたします!

ライフステージ別に考えれば、加入すべき保険が見えてくる!!

なるべくわかりやすく解説してますので、ぜひご一読ください。


POPULAR POSTS- 人気記事 -

LATEST POSTS- 新着記事 -

RELATED SITES- 関連サイト -