加入前に必読!定期付終身保険のメリット・デメリット

2017年1月30日
生命保険
Pocket

定期付終身保険

定期付終身保険の加入を検討しているけど、そのメリットとデメリットがよく分からず、迷ってはいませんか?

定期付終身保険は、大手の生命保険会社の多くが主力商品として扱っており、メジャーと呼べる保険の1つです。

保険の加入を検討するときに「まずは定期付終身保険」と気軽に考えてしまいがちですが、ほかの保険と同様に、そのメリットとデメリットなどをしっかりと把握しておくことが大切です。

ここでは、定期付終身保険の特徴やメリット・デメリットなどについてご説明いたします。

1.定期付終身保険とは

1-1.定期付終身保険の概要

定期付終身保険とは、一生涯をサポートする終身保険を主契約に、一定期間の保障を充実させる目的で、オプションとして定期保険を上乗せした保険商品のことです。

このセット商品を備えておくことで、被保険者が死亡した際、終身保険と定期保険の両方から死亡保険金が支払われます。

1-2.全期型と更新型

定期付終身保険における保険料の支払い方法には「全期型」と「更新型」があります。

全期型は、払込期間中の保険料が一定となります。

定期付終身保険 全期型の仕組み

一方で、更新型は、10年や15年ごとの更新のたびに保険料があがります。

定期付終身保険 更新型の仕組み

どちらも「定期保険の保障期間=終身保険の払込期間」となります。
払込保険料総額で考えた場合には、全期型の方が安くなるケースがほとんどです。

1-3.定期付終身保険の加入事例

高齢になってから死亡しても保険金がもらえる終身保険は遺族にとって安心がある反面、保険料は高くなります。

一方で、一定期間しか保障のない定期保険では安い保険料で手厚い保障を受けることができますが、掛け捨てタイプのため、ずっと加入し続けると損になってしまいます。

そのため、ファミリー世帯において、子どもが独立するまでの間は定期保険で手厚い保障を用意しつつ、独立後も一生涯保障の終身保険が残る定期付終身保険に加入するケースが多く見受けられます。

また、お子様がいないご家庭でも、住宅ローンを組んだけれど、団体信用生命保険に加入していない場合に住宅ローンの払込期間にあわせて定期保険を上乗せしておくケースもあります。

2.定期付終身保険のメリット

2-1.比較的お得に手厚い保障を受けることができる

一般家庭において、終身保険で準備できる保障額は概ね数百万円程度でしょう。
お子様が幼い場合などは、それだけの保障では遺族は到底生活できなくなります。

しかし、保険料の安い定期保険を上乗せすることで、お子様が独立するまでは、万一のことがあっても数千万円を受け取れる安心を確保できます。

2-2.特約をつけることで、さまざまなリスクに対応できる

定期保険というメインの特約以外にもさまざまな特約があります。

たとえば、医療保険の特約をつけることで、高度障害や死亡に至らずとも、ケガや病気で入院した際のリスクに備えることができます。

3.定期付終身保険のデメリット

3-1.更新の時に保険料が高くなる

更新時には保険料が高くなるとは分かっていても、いくらぐらい値上げするのか、しっかりと把握されていない方がたくさんいます。
その結果、更新時期が近づいてから「こんなに高くなるの?」と大慌てする場合があります。

たとえば、保険会社Aの商品に加入し、30歳男性で定期保険2,800万円+終身保険200万円の保障を準備した場合、月々の保険料は当初13,000円程度ですが、50代になるころには40,000円程度になります。

年功序列制度がない企業にお勤めのご家庭では、それなりの痛手となるかもしれません。
加入前には必ずいくら値上がりするのか確認しておきましょう。

3-2.中途解約すると、損をしてしまう可能性がある

終身保険は一般的に貯蓄性が高いことで知られていますが、定期付終身保険の場合、保険料の割合が終身部分は少なく、定期部分に多いという特徴があることから、思いのほか解約返戻金が少なくなるケースがあります。

加入をするのであれば解約はしない、もしくは解約する見込みがあるのなら解約返戻金がいくらになるのか、必ず確認しておくようにしましょう。

3-3.金利が低いときに加入すると利益が少ない

先述の通り終身保険には貯蓄性があります。
この貯蓄性において重要なのが金利です。
変額保険でない限り、バブル期などの好景気のタイミングで加入すると金利が高く、それがずっと固定されたまま運用されます。

逆に金利が低い不景気のタイミングで加入すると、低い金利のまま固定され、貯蓄性のメリットを活かしきることができない可能性があります。
加入するなら少しでも金利が高いタイミングを狙いましょう。

4.まとめ

定期付終身保険は、生じる可能性が高いリスクに対応してくれる便利な生命保険です。

しかし、希望通りのメリットを得るためには、自分のライフプランをたてて、その内容に見合った保障が得られるかどうかを検討しなければいけません。

自分の人生を支えてくれる大切な保険であることを自覚して、丁寧に検討してください。

保険の加入や見直しをするなら無料で相談できます!

ご自身の保険について更に詳しく聞きたい方には、全国の保険ショップで実施している無料相談を利用することをオススメいたします。

やはり対面でプロに直接教えてもらうと、様々なことに気づいて、本当に自分に合った保険が選べますし、保険料が安くなることも多くあります。

どこに行けばいいかわからないというかたは、全国1000店舗以上からお近くの保険ショップを探せるサイトを利用すると便利でしょう。

来店予約までできるので、ぜひ賢く利用して、納得の保険に加入しましょう。

⇒ 保険相談するなら、気軽なお近くの店舗で

Pocket

無料PDFプレゼント
【ライフステージ別に考える!生命保険の選びかた】

生命保険はどう選べば良いのか基準がわからず迷うことも多いですよね。

そこで「保険の知りたい!」から無料で読めるPDFをプレゼントいたします!

ライフステージ別に考えれば、加入すべき保険が見えてくる!!

なるべくわかりやすく解説してますので、ぜひご一読ください。


POPULAR POSTS- 人気記事 -

LATEST POSTS- 新着記事 -

RELATED SITES- 関連サイト -