どちらを選ぶべき?終身保険と定期保険の特徴を比較

2016年11月30日
生命保険
Pocket

終身保険 定期保険

終身保険と定期保険のどちらを選べばいいか、迷っている方も多いのではないでしょうか?

終身保険はいわゆる貯蓄タイプ、定期保険は掛け捨てタイプの代表的な保険として、それぞれの名前を聞いたことがあるかと思われます。
どちらも同じ生命保険ですが、終身保険と定期保険では大きく内容が異なり、当然ながら、それぞれにメリットとデメリットが存在しています。

保険選びで失敗しないためには、そうしたメリットとデメリットを含めた特徴を理解して、自分の希望に合った保険を選択しなければいけません。

そのための参考になるよう、終身保険と定期保険の特徴を比較します。
生命保険へ加入を検討されている方は、ぜひとも参考にしてください。

1.終身保険と定期保険の特徴

一定額の保険料を満了時まで支払い続けることにより、一生涯保障が続く保険が終身保険です。
加入してからは更新がなく、保険料が変化することもありません。

定期保険は掛け捨て型で、保険料を支払っている期間だけ保障を受けることができるという点が特徴です。
定期保険は一定の間隔で更新が行われ、そのたびに保険料が変化します。一般的には、更新のたびに保険料が高くなる傾向があります。

終身型定期型

2.終身保険のメリットとデメリット

満期まで保険料を支払うことによって一生涯保障を受けることができ、支払ったお金の一部も返ってくる終身保険ですが、その分保険料の面で負担がかかってしまい、長期的に支払い続けることができるかどうかの検討が欠かせません。

2-1.終身保険のメリット

終身保険の場合、60歳などの払込期間満了時まで一定の金額の保険料を支払い続けることで、その後も同じ保障を受けることができます。

さらに、保険を解約した際には解約返戻金という形で、支払った保険料の一部が返ってきます。将来的にまとまったお金が受け取れるので、老後の資金としても活用することができます。

終身保険の保険料は加入する年齢が若いほど安くなる傾向があります。そのため、早い段階で終身保険に加入をすれば、得られるメリットの価値も大きなものとなります。

2-2.終身保険のデメリット

掛け捨て型の定期保険と比較すると、終身保険の保険料は格段に高くなっています。
その一部は後に解約返戻金という形で返ってきますが、満期になる前に解約した場合には責任準備金をもとに計算した価格に、定められた「低解約返戻金割合」という割合を乗じて金額が決まります。
その結果、解約返戻金が支払った保険料を大きく下回ってしまうケースが一般的で、損をすることになってしまいます。

一度解約した保険には再び契約することができないため、加入する際には満期まで保険料を支払い続けることができるかどうかを検討する必要があります。

3.定期保険のメリットとデメリット

定期保険は、終身保険とは大きく異なる性質を備えています。
保険料については魅力的といえますが、その条件は更新を重ねるにつれて変化します。
将来的なシミュレーションを経た上で、定期保険の加入を検討することが大切です。

3-1.定期保険のメリット

定期保険は掛け捨てとなっているため、終身保険に比べて保険料が安くなっています。
また、終身保険のように解約返戻金がないため、途中で解約してもリスクを負うことがありません。

3-2.定期保険のデメリット

保険料の安さが定期保険の特長ですが、その金額は更新のタイミングで再計算が行われ、高くなっていくのが一般的です。
また、保障を得るためには、ずっと保険料を支払い続けなければならず、さらに80歳などの一定の年齢になると更新ができなくなる保険商品も多いので、生きている限り永続的に保障を受けたいという人には、おすすめすることができません。

4.終身保険と定期保険、向いている人

終身保険は「満了後に解約すると解約返戻金が支払われる」「満了まで保険料を支払い続けると、保障が一生涯続く」といった特徴があるため、老後の資金を残しておきたい人や、亡くなった後の遺族の生活が心配な人に向いています。

定期保険は保険料を支払わないと保障を受けることができませんが、保険料が安いというメリットがあります。
そのため、「子どもが成人するまで」など、特定の期間だけ保障が必要な場合や、定期的に保険を見直したい人などに向いています。

5.まとめ

同じ生命保険であっても、終身保険と定期保険は大きく異なる性質を備えています。
細かい条件まで理解した上で契約しなければ、後で思わぬ負担になってしまったり、希望していた通りの保障が受けられなくなってしまう可能性があります。

しかし、違う性質の保険が存在しているということは、選択肢が充実しているということでもあります。
充分に考慮をすることで、自分の希望に沿った保険を選択できる可能性も高くなるのです。

理想的な保険選びを行うためには、今の自分の状況や将来設計を明確にすることから始めてみてはいかがでしょうか。

保険の加入や見直しをするなら無料相談を活用しよう!

ご自身の保険について更に詳しく聞きたい方には、全国の保険ショップで実施している無料相談を利用することをオススメいたします。

やはり対面でプロから直接教えてもらうと、様々なことに気づいて、本当に自分に合った保険が選べますし、保険料が安くなることも多くあります。

どこに行けばいいかわからないというかたは、全国1000店舗以上からお近くの保険ショップを探せるサイトがあるので、まずはそちらで検索してみるとよいでしょう。

インターネットで来店予約までできるので、ぜひ賢く利用して、納得の保険に加入しましょう。

⇒ 保険相談するなら、気軽なお近くの店舗で

Pocket

無料PDFプレゼント
【ライフステージ別に考える!生命保険の選びかた】

生命保険はどう選べば良いのか基準がわからず迷うことも多いですよね。

そこで「保険の知りたい!」から無料で読めるPDFをプレゼントいたします!

ライフステージ別に考えれば、加入すべき保険が見えてくる!!

なるべくわかりやすく解説してますので、ぜひご一読ください。


POPULAR POSTS- 人気記事 -

LATEST POSTS- 新着記事 -

RELATED SITES- 関連サイト -