上手く活用したい払い済み保険のメリットと変更時の注意点

2017年1月30日
生命保険
Pocket

払い済み保険 メリット

今まで保険料を払い続けてきたけれど、支払うのが厳しくなってきた・・・・・・と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

そんな方に是非とも知ってほしいのが、保険の解約をせずに保険料を抑える方法として、払い済み保険があります。
支払ってきた保険が積立型の場合、「払い済み保険」にすることで、保険料の支払いを止めることができるのです。

ここでは払い済み保険のメリットを中心に、払い済み保険に向いているケースや変更する場合の注意点もご紹介します。

無理なく保障を受けるための手段の1つとして検討してみてはいかがでしょうか。

1.積み立てたお金を保険料にまわす「払い済み保険」

1-1.払い済み保険の概要

払い済み保険という名前を聞くと、そういう保険商品があるのかと勘違いされる方も多いですが、そうではありません。

払い済み保険とは、まだ払込期間が継続している保険の支払いをストップし、以後の保険料を支払わないかわりに、保障額を下げた保険に変更したものを指します。

1-2.各種保険を払い済み保険に変更した場合のイメージ

1-2-1.養老保険の場合

払い済み保険に変更した場合(養老保険)

保障期間中に死亡しても、満期まで生きていてもお金を受け取れる養老保険を払い済み保険に変更した場合、万一のときの保障額と満期保険金の金額が少なくなります。

しかし、満期の時期は変わらないため、計画通りのタイミングで満期保険金を受け取ることができます。

1-2-2.終身保険の場合

払い済み保険に変更した場合(終身保険)

一生涯を保障する終身保険を払い済み保険に変更した場合、それ以後の保障額が少なくなります。

養老保険同様に保障期間は変わらないため、一生涯の保障は維持することができます。
医療保険を充実させたいと考える人が活用する手法といえるでしょう。

1-2-3.個人年金保険の場合

払い済み保険に変更した場合(個人年金保険)

将来の年金を自分で備える個人年金保険を払い済み保険に変更した場合、将来受け取る年金額が少なくなります。

しかし、年金受取開始日は変わらないため、計画通りのタイミングで年金を受け取ることができます。

2.払い済み保険のメリット

2-1.保険料の支払いを止めることができる

払い済み保険にする最大のメリットは、以後保険料を支払うことなく保障を得られることです。

失業などで家計が厳しくなったときに、解約ではなく払い済み保険にすることで最低限の保障を残しておくことが可能になります。

また、解約したことにはならないため、主契約の解約返戻率は上がります。

2-2.保障の内容を見直すことができる

もし払い済み保険に切り替えたのであれば、その保険の以後の保険料は発生しません。

つまり、今までの保険料が節約されることになり、その節約できた保険料を使って、新たな保険に加入するなどの見直しをすることができるのです。
具体例は「3-2.保障の内容を見直したい場合」で説明します。

3.払い済み保険に向いているケース

3-1.保険料の支払いが厳しくなってきた場合

家計が厳しくなると保険の解約を検討される方が非常に多いです。

しかし、当初は何かしらの目的をもってその保険に加入したはずです。
もう、その目的を手放してもいい時期なのであれば、解約という手段をとることもいいかもしれませんが、そうでないのなら、安易な解約は検討せず、払い済み保険への切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

3-2.保障の内容を見直したい場合

当初、子どもは1人だけと考えていたけれど、数年後にやっぱりもう1人欲しいとなった場合、その子どもへの生活費や教育費が必要になります。

もし、そのタイミングで終身保険だけしか加入しておらず、数百万円の保障しかなかった場合、万一のときに遺された家族は生活できなくなってしまいます。
そうした懸念から、割安で高額保障が得られる定期保険や収入保障保険にも加入したいと思うかもしれません。

しかし、いくつもの保険に加入すると、それはそれで保険貧乏になってしまう可能性が高くなります。

そのようなときには、払い済み保険の出番です。
最低限の保障は残しておきつつ、生まれてくる子どものために最大限の保障も用意しておきましょう。

3-3.予定利率の高い保険に加入している場合

保険の貯蓄性を発揮するのに最も重要なのが予定利率です。

バブル絶頂期には予定利率が5%を超えるようなお宝保険が販売されていました。
しかし、今の不景気ではそんなお宝保険の保険料がキツイと感じる方も多いでしょう。
そんなときにも払い済み保険の切り替えは有効な手法といえます。

今の時代、新しく保険に加入してもお宝保険のような予定利率はつきません。
払い済み保険にすれば、お宝保険を手放すことなく解約返戻金等を増やし続けることができます。

4.払い済み保険に変更する際の注意点

4-1.保障額が小さくなってしまう

特に「解約返戻金型」「積立利率変動型」と呼ばれる保険に加入している人は気をつけなければなりません。

解約返戻金型の場合、結果的に保険料>解約返戻金となり、損をする可能性が高くなります。

また積立利率変動型は、利率が変動する中、低い利率のタイミングで払い済み保険にしてしまわないよう注意が必要です。

4-2.契約が主契約だけになってしまう

払い済み保険にすると、特約が消滅し、主契約だけになってしまいます。
また、一度払い済み保険にすると基本的には元に戻せないという点にも注意しましょう。

これらのことから、何が主契約で何が特約なのか、本当に必要な保障は残すことができるのか、などを入念に検討しなければなりません。

5.まとめ

保険料や保障の内容など、現在加入している保険の性質を見直したい人にとっては、払い済み保険はリスクが少なく有効な方法です。

ただし、一度払い済み保険に変更してしまうと、後で変更することができません。
注意点についてもしっかりと考慮して、後悔しない選択をしてください。

保険の加入や見直しをするなら無料相談を活用しよう!

ご自身の保険について更に詳しく聞きたい方には、全国の保険ショップで実施している無料相談を利用することをオススメいたします。

やはり対面でプロから直接教えてもらうと、様々なことに気づいて、本当に自分に合った保険が選べますし、保険料が安くなることも多くあります。

どこに行けばいいかわからないというかたは、全国1000店舗以上からお近くの保険ショップを探せるサイトがあるので、まずはそちらで検索してみるとよいでしょう。

インターネットで来店予約までできるので、ぜひ賢く利用して、納得の保険に加入しましょう。

⇒ 保険相談するなら、気軽なお近くの店舗で

Pocket

無料PDFプレゼント
【ライフステージ別に考える!生命保険の選びかた】

生命保険はどう選べば良いのか基準がわからず迷うことも多いですよね。

そこで「保険の知りたい!」から無料で読めるPDFをプレゼントいたします!

ライフステージ別に考えれば、加入すべき保険が見えてくる!!

なるべくわかりやすく解説してますので、ぜひご一読ください。


POPULAR POSTS- 人気記事 -

LATEST POSTS- 新着記事 -

RELATED SITES- 関連サイト -