要確認!押さえておくべき終身保険のメリット・デメリット

2016年12月28日
生命保険
Pocket

終身保険 メリット デメリット

終身保険にはどのようなメリット・デメリットがあるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

終身保険の特徴というと、保険料が高いことが挙げられ、加入を諦めてしまう人もいるかと思います。

しかし、保険料は高くとも、終身保険は貯蓄性と死亡保障の両方を兼ね備えた保険です。
高い保険料でも、それ以上のメリットがあるならば、加入を検討する意義があるのではないでしょうか?

そこで今回は、終身保険へ加入を検討されている方のために、押さえておきたいメリットやデメリットをご紹介します。
保険選びは、その保険の内容をしっかりと理解することが大切です。
今回の記事を参考に、終身保険の内容を再確認し、加入の是非を判断してみましょう。

1.終身保険とは

1-1.終身保険の特徴

終身保険は一生涯保障が続く保険で、死亡・高度障害に備えることができます。
同じ死亡保障のある定期保険に比べると、保険料は高めですが、払込み保険料のうち多くが積み立てにまわるため、一定期間経過後なら、多くの解約返戻金を受け取ることができます。

2.終身保険のメリット

2-1.多機能な終身保険

保険料の支払い方法は、支払いが一定年齢で終了する「有期払込み」と、生きている限り保険料を払い込む「終身払込み」、そして保険料が段々高くなる「ステップ払込み方式」があります。
ここでは主流の有期払込みを前提に考えていきます。

有期払いでは、払込み満了前は死亡保障があります。
払込み満期後は、通常保険金額相当額の解約返戻金が手に入ります。

もちろん、途中解約せずに、死亡保険金を遺族保障や相続対策として利用してすることも可能です。
貯蓄型でありながら、死亡保障も受けられるというのは大きな特徴ではないでしょうか。

例えば、同じ貯蓄型の個人年金保険は、満期前に死亡しても「払込み保険料相当分」しか受け取れないケースがほとんどです。
保険の本質が「リスクへの備え」であることを考えると、死亡保障の有無は大きな違いです。

なお、保険料払込み満了後は、死亡保障を終了させて年金形式で保険金を受け取る、介護保障に移行するなどのコースを選択できる商品もあります。
一生涯付き合う保険ですので、状況に応じて保障を変更できると嬉しいですね。

2-2.貯蓄目的としても活用できる

終身保険は満期を短めに設定して学資保険の代わりにするという使い方もできます。
保険期間を10年や15年程度に設定すれば、子どもの学費のピークに解約して学費に備えることができます。

商品によっては満期が55歳、60歳……と年齢で限定されているものもありますので、5年、10年など、年数を選択できる終身保険を選ぶといいでしょう。

学費としてではなく、単純に預貯金の代わりにしてもいいですね。
預貯金と違って強制的に保険料の支払いが発生しますし、解約しないと引き出せないので、預貯金よりも引き出すのが大変になります。
なかなか貯金ができない人、貯金してもついつい使ってしまうという人にはおすすめです。

2-3.契約者貸付制度が利用できる

満期前にどうしても現金が必要な時もあるかもしれません。
そんなときは保険を解約せず、解約返戻金を担保として保険会社からお金を借りられる契約者貸付制度が利用できます。

もちろん貸付なので、返済の義務がありますし、利子も発生しますが、早期に解約して保険料の払込分すら取り戻せないようならば、契約者貸付制度も検討の余地があるでしょう。

3.終身保険のデメリット

3-1. 他の保険と比べて、保険料が高めに設定されている

さまざまなシーンで活用できる終身保険ですが、保険料が高いので注意が必要です。

基本的には満期まで支払い続けること前提の保険です。
多少、収支に変動があっても支払える範囲の保険料で加入したいです。

3-2.見直ししにくい

それまで支払った保険料と、解約返戻金の額が比較できてしまうため、早い時期での解約がしにくいという傾向もあります。

支払った保険料からいえば、解約しない方が得だったとしても、無理に継続して家計が苦しくなっては元も子もありません。

3-3.インフレリスクに対応できない

終身保険は加入時に予定利率が決まっているため、今後予定利率が上昇しても将来受給できる保険金額は変わらず、予定利率が下がっても保険金額が減額されることはありません。

しかし、老後資金が目的の場合は受け取りまでの期間が長いので注意が必要です。
物価が上がると、保険金額の価値は相対的に下がってしまうからです。

もし物価が急上昇するような経済状況ならば、早めに解約するという選択もあります。

4.まとめ

終身保険には多くのメリットがあります。
デメリットもありますが、保険料の高さや途中解約は事前に知っておけばある程度の対策も取ることができます。

インフレに弱い点も、知識があれば早く解約することでリスクをコントロールできる可能性もあります。
メリット・デメリットを理解し、より賢く終身保険に加入しましょう。

保険の加入や見直しをするなら無料相談を活用しよう!

ご自身の保険について更に詳しく聞きたい方には、全国の保険ショップで実施している無料相談を利用することをオススメいたします。

やはり対面でプロから直接教えてもらうと、様々なことに気づいて、本当に自分に合った保険が選べますし、保険料が安くなることも多くあります。

どこに行けばいいかわからないというかたは、全国1000店舗以上からお近くの保険ショップを探せるサイトがあるので、まずはそちらで検索してみるとよいでしょう。

インターネットで来店予約までできるので、ぜひ賢く利用して、納得の保険に加入しましょう。

⇒ 保険相談するなら、気軽なお近くの店舗で

Pocket

無料PDFプレゼント
【ライフステージ別に考える!生命保険の選びかた】

生命保険はどう選べば良いのか基準がわからず迷うことも多いですよね。

そこで「保険の知りたい!」から無料で読めるPDFをプレゼントいたします!

ライフステージ別に考えれば、加入すべき保険が見えてくる!!

なるべくわかりやすく解説してますので、ぜひご一読ください。


POPULAR POSTS- 人気記事 -

LATEST POSTS- 新着記事 -

RELATED SITES- 関連サイト -