一生涯受け取れる!個人年金保険の終身年金の基礎知識

2016年12月28日
生命保険
Pocket

個人年金保険 終身年金

個人年金保険の中でも、特に終身年金について、魅力を感じている人は多いのではないでしょうか?

確かに、生きている限り年金が受け取れる終身年金は確かに魅力的です。
しかし個人年金保険には、有期年金、確定年金、夫婦年金など、複数の種類があり、それぞれに特徴があります。

さらに、終身年金は保険料が他の種類よりも比較的高めに設定されていることは、デメリットといえますし、早期死亡による元割れのリスクがあることも忘れてはいけません。

そこで今回は個人年金保険の終身年金について、メリット・デメリット、知っておきたい基礎知識、そして確定年金との比較など、幅広くお伝えします。
将来のために、個人年金保険へ加入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 個人年金保険とは

1-1.個人年金保険の概要

年金というと公的年金を思い浮かべる方も多いでしょうが、個人年金保険は民間保険です。

保険会社に積みたて、もしくは一括払いで保険料を支払い、受取開始後は年金形式で保険金を受け取る仕組みです。

公的年金の受給年齢が引き上げられてから得に注目されている保険で、基本的には公的年金をカバー、もしくは補強するのが個人年金保険の目的です。

1-2.個人年金保険の種類

個人年金保険にはいくつかの種類があり、一定期間受け取るタイプの代表として確定年金、一生涯受け取るタイプの代表として終身年金があげられます。

確定年金は、年金開始後、生死にかかわらず一定期間年金を受け取れますが、生存を条件に一定期間年金(10年や15年)を受け取れる「有期年金」や、年金開始後の一定期間(5年程度)は死亡しても年金が受け取れる「保障期間付有期年金」もあります。

なお、終身年金は原則生存している限り年金を受給できる、というものですが、一定期間は死亡しても受取りが保障されるものもあります。

個人年金保険 種類

2. 終身年金とは

終身年金とは、生きている限り、積み立てた保険料を年金として受け取ることができる保険です。

2-1.終身年金のメリット

一生涯受け取れるので、老後への安心感が大きいです。

単に生活費として備えるだけではありません。
毎月一定額保険金が受け取れるので、自分で資産が管理できなくなるなどの介護リスクにも備えることができるのです。

また、富裕層は相続対策としても活用できます。
個人年金で自身の生活の不安をなくし、残りの保有財産は子や孫に贈与するなどすれば、相続税の軽減を図ることができます。

2-2.終身年金のデメリット

しかし終身年期は保険料が高いのが悩みです。また、受取額が決まっているため物価上昇に弱いといえます。さらに、平均余命より早く死亡すると元本割れの可能性があります。

2-3.保証期間付終身保険とは

早く亡くなる場合の元本割れを回避するために、「保障期間付き」にすれば問題ないようにも思えます。

ただし保険料が割高になることは避けられないですし、契約者の没後、代わりに受け取る遺族がいることが前提です。
単身者にとっては利用しにくいですね。

3.確定年金と終身年金の保険料の比較

確定年金は決まった期間は必ず受け取れる年金です。
受取総額が確定しているため元本割れの心配がなく、加入しやすいのではないでしょうか。

保障期間付きと同じく、確定年金も受取りの確実性が増すので保険料も高くなります。
ここで実際に確定年金と終身年金の保険料を比較してみましょう。

【1】A社:確定年金(10年保証)
契約年齢:30歳(女性)
毎月保険料:10,000円
払込み満了:55歳
年金受取り開始:60歳
受取り方:10年確定

支払い保険料総額 3,000,000円
年金受取総額 3,338,800円
戻り率 111.2%

※受取り期間を5年繰り下げると、戻り率は117%にアップ

【2】A社:終身年金(5年保証)
契約年齢:30歳(女性)
年払い保険料:313,338円(月割約2万6000円)
払込み満了:55歳
年金受取り開始:60歳

支払い保険料総額 7,833,450円
年金受取総額 300,000円×生存期間
5年保証額 1,500,000万円

保険料は、確定年金ならば10年保証がついていても毎月の保険料が10,000円なのに対し、終身年金は保障期間が半分の5年にもかかわず、年間313,338円(月割約2万6000円)もの額になります。

終身年金になると月払いがないことも重要ですね。
終身払いにするメリットと、保険料額が高くなるデメリットをしっかり比較したいです。

また生命保険の定期型や医療保険ならば、月保険料は何千円単位で済むことがほとんどです。

保障内容によっては千円程度ということも珍しくありません。
それと比較すると個人年金保険という商品そのものが、保険料が高いといえます。

個人年金保険にこだわって他の保険の保障を圧迫することのないよう気を付けたいです。

4.まとめ

せっかく個人年金保険に加入するならば、終身保険がいい、という人も多いかと思います。

しかし、保険料が高いことは事実ですし、必ずしも終身保険が最善というわけではありません。

確定年金タイプの個人年金も老後リスクに効果があり、充分に魅力的です。
個人年金保険を検討する場合は、幅広い商品から選ぶことをおすすめします。

Pocket

無料PDFプレゼント
【ライフステージ別に考える!生命保険の選びかた】

生命保険はどう選べば良いのか基準がわからず迷うことも多いですよね。

そこで「保険の知りたい!」から無料で読めるPDFをプレゼントいたします!

ライフステージ別に考えれば、加入すべき保険が見えてくる!!

なるべくわかりやすく解説してますので、ぜひご一読ください。


POPULAR POSTS- 人気記事 -

LATEST POSTS- 新着記事 -

RELATED SITES- 関連サイト -