もしもの時に備える収入保障保険のメリット・デメリット

2017年1月30日
生命保険
Pocket

収入保障保険

もしものことがあった時のために、収入保障保険への加入を考えていませんか?

被保険者が死亡した場合に、保険金を「一定の金額を毎月」受け取ることができる収入保障保険は、長期間にわたって保障を受け取りたい人におすすめしたい保険です。

収入保障保険には、保険料が安く、保険金を毎月受け取れるなどの長所があります。
一方で、掛け捨て型だったり、課税対象となる可能性があるなど気をつけなければならないポイントもあります。

そこで今回は収入保障保険について、加入前に知っておきたい基礎知識をご紹介します。
メリットや注意点などを含めた収入保障保険の特徴をしっかり理解しておきましょう。

1.収入保障保険とは

1-1.収入保障保険の特徴

収入保障保険は、死亡保険金を一定の期間、給料のように毎月または毎年と継続的に保険金を受け取れる保険です。

つまり、契約後すぐに被保険者が死亡すれば、遺族が受け取る保険金総額は多くなり、契約満期直前に被保険者が死亡すれば遺族が受け取る保険金総額は少なくなる仕組みです。

収入保障保険の仕組み

1-2.収入保障保険のメリット

1-2-1.保険料が安い

収入保障保険は保険料が安い保険だといわれています。
これは契約直後に死亡した場合に受け取る総額と同じ金額の保険金を、定期保険で設定した場合よりも安いことを意味します。

たとえば、保険会社Aの商品を例にすると、30歳男性が保険期間・保険料払込期間60歳満了で毎月10万円(契約直後に死亡で最大保険金額3,600万円)と設定した場合、保険料は月々3,000円程度です。
ところが、定期保険で3,600万円の保険金額に設定すると、月々およそ8,000円の保険料になります。

1-2-2.合理的な保険でムダが少ない

保険で用意するお金というのは、一番下のお子様が生まれたときがピークになり、その後は少しずつ減らしても大丈夫という考え方があります。

その考えに合わせて、時間の経過とともに保険金額の総額が少なくなる収入保障保険は合理的でムダの少ない保険といえます。

1-3.収入保障保険のデメリット

1-3-1.掛け捨てタイプの保険

保険料が安い反面、それが掛け捨てタイプであることに注意しましょう。
支払った保険料は解約しても、満期まで支払い続けても、返戻金等ありません。

1-3-2.保障は高度障害と死亡のみ

収入保障保険で保障されるのは高度障害と死亡のみです。
その他の理由で大黒柱が働けなくなっても収入保障保険では保障されません。

働けなくなったときに保障を受けられるのは所得補償保険です。
名前が似ているので間違えないように気をつけましょう。

1-3-3.課税対象となる可能性がある

収入保障保険の場合、保険金を毎月受け取るのが一般的です。
しかし、その受取総額のうち20%程度は保険会社が運用してくれたお金とみなされ、その20%分に所得税がかかる可能性があります。

仮に数千万円程度の一般的な保険金額を30年にわたって受け取る場合、20年目ぐらいまでであれば、ほとんど税金はかからないでしょう。
それ以降は、毎年数千円程度の税金がかかる可能性もあります。

2.収入保障保険の3種類の受け取り方法

2-1.一括受取タイプ

収入保障保険の特徴から外れてしまう受け取り方にはなりますが、一括で受け取ることも可能です。
ただし、毎月(毎年)受け取るときの総額に比べ、20%ほど少なくなります。

2-2.逓減定期タイプ

「1-1.収入保障保険の特徴」で説明した、死亡の時点から満期までの残存期間中に保険金を受け取る逓減定期タイプの場合、契約期間があまり残っていないタイミングで死亡してしまうと、ほんの少ししか受け取ることができないため、一般的に「最低保証期間」が用意されています。

たとえば、60歳までの契約で59歳に死亡してしまうと1年しか保険金を受け取ることができませんが、最低保証期間として2年を設定していると61歳の年まで受け取ることが可能になります。
通常、2年または5年で設定することが多いです。

2-3.確定年金タイプ

確定年金タイプは受取期間を10年や15年など契約時に決めておき、被保険者がどのタイミングで亡くなっても、その期間内は確実に保険金を受け取ることができるタイプです。

3.収入保障保険が向いている人の特徴

3-1.幼いお子様がいる場合

お子様が幼いと生活費や教育費が嵩みがちです。貯蓄が充分にあれば問題はないかもしれませんが、そうでないのなら、収入が途絶えると生活ができなくなりますので、準備しておいた方がいいでしょう。

3-2.住宅ローンは組んでいるが団信へ加入していない場合

住宅ローンの返済期間に合わせて保険期間を設定することで、非常に合理的な保障を準備することができます。

3-3.遺族にまとまったお金を渡したくない場合

まとまったお金を手にすると、後先を考えずに、あれこれ買ってしまいがちになる人が多いです。
もし、パートナーがこのタイプなのであれば、収入保障保険は向いていると言えます。

4.被保険者が亡くなった後の支出に注意

継続的に保険金が支給されることが収入保障保険の魅力ですが、その分1回あたりに支給される保険金の金額は少なくなってしまいます。

そのため、亡くなった直後などにまとまったお金が必要となる可能性が高い場合には、収入保障保険の保障だけではカバーできなくなることもあるので注意が必要です。

5.まとめ

継続的なお金を得るという目的では、収入保障保険は有効な選択肢の1つであるといえるでしょう。
ですが、この保険ならではの注意点も存在しています。

それらの内容を具体的に理解した上で、もしもの時に必要な保障を満たしているかをしっかり検討してください。

まだ保険を見直してないのですか?生命保険料が値下げされた今こそ見直すチャンス!

2018年4月に「標準生命表」の改訂され、保険料が下がっていることをご存知ですか?

これは、保険会社が「みなさん長生きするから保険料の払い出しが減っているので、その分保険料を安くしますよ」ということなのです。

せっかくのこの機会に、加入している保険を見直すべきです!

きちんと対面で保険について教えて貰いましょう

見直しには全国の保険ショップで実施している無料相談を利用することをオススメいたします。

やはり対面でプロから直接教えてもらうと、様々なことに気づいて、本当に自分に合った保険が選べます。

どこに行けばいいかわからないという方は、全国250店舗以上ある【保険見直し本舗】さんがオススメです。

取り扱っている保険の数がとにかく多いので、ピッタリのプランをきっと提案して貰えます

また、一部の都市部に偏った店舗展開ではなく、全国的に訪れやすいのも魅力です。

⇒ 保険相談するなら、気軽にお近くの店舗で

Pocket

無料PDFプレゼント
【ライフステージ別に考える!生命保険の選びかた】

生命保険はどう選べば良いのか基準がわからず迷うことも多いですよね。

そこで「保険の知りたい!」から無料で読めるPDFをプレゼントいたします!

ライフステージ別に考えれば、加入すべき保険が見えてくる!!

なるべくわかりやすく解説してますので、ぜひご一読ください。


POPULAR POSTS- 人気記事 -

LATEST POSTS- 新着記事 -

RELATED SITES- 関連サイト -