保険料の一括払いにも種類がある!全期前納と一時払いの違い

2017年4月28日
生命保険
Pocket

保険料の支払い方法には、いくつかの選択肢があることはご存じでしょうか?

すべての保険期間にかかる保険料をあらかじめ用意して、一括で支払う方法だけでも、全期前納と一時払いという2種類の手段があります。
これらの手段は似ているように思われることもありますが、用意した保険料を支払う方法は異なり、メリットとデメリットにも大きな違いがあります。

大きな金額を動かすことになりますので、それぞれの特徴の違いを理解して、ご自身にとって向いている支払方法を選択することが大切です。
この機会に、ぜひとも全期前納払と一時払いの内容を比較してください。

1.全期前納払いと一時払い

保険料の支払い方法は、大きく「都度払い」と「一括払い」に分けることができます。

一般的な支払方法として知られている「月払い」「半年払い」「年払い」の3種類は都度払いに分類されます。

そして、一括払いには「全期前納払」と「一時払い」の2種類があります。
どちらも契約時に、すべての保険期間にかかる保険料を一度にまとめて支払う方法で、月払いや年払いに比べて、保険料の総支払額が安くなるという特徴があります。

2.全期前納と一時払い、それぞれの特徴

2-1.全期前納払

全期前納払は契約時に、すべての保険期間分の保険料をまとめて一括で保険会社に支払う方法です。
一括で支払いますが、保険会社では「将来的に支払う予定の保険料を預けている」というスタンスで取り扱われます。

2-1-1.被保険者が亡くなった場合や解約した場合

被保険者が万が一、亡くなってしまった場合には、保険金や解約返戻金はもちろん、預けていた保険料のうち、経過していない期間の保険料が払い戻されます。

たとえば、10年の保障期間で契約1年後に死亡した場合、残りの9年分の保険料が払い戻されます。

2-1-2.保険料の取り扱い

全保険期間の保険料をまとめて保険会社に支払う(預ける)ことになり、保険会社は預かった保険料を毎月または毎年取り崩すことで、契約者からの支払いが行われたとみなします。

また全期前納払は、年払いの保険料よりも支払い総額が安くなる特徴があります。

2-1-3.生命保険料控除が毎年適用される

契約時にまとまったお金を保険会社に支払っている(預けている)ものの、保険会社の中では、それを取り崩して保険料に充当しているため、契約者は毎月または毎年、保険料を支払っているのと同じ扱いになります。
そのため、毎年、生命保険料控除を適用することができます。

2-2.一時払い

一時払いは「全保険期間の保障を買い取った」という取り扱いをします。

2-2-1.被保険者が亡くなった場合や解約した場合

全保険期間の保障を契約時に買い取ってしまっているので、契約後すぐに亡くなっても未経過分の保険料の払い戻しはなく、保険金や解約返戻金のみの受け取りとなります。

未経過分の保険料の払い戻しがないため、損をしているように感じるかもしれませんが、外貨建ての一時払い保険など、非常に高い解約返戻率を誇る商品もありますので、超低金利の銀行に預けているよりも魅力があると考えられるでしょう。

2-2-2.保険料が一番安くなる支払方法

全保険期間をまとめて買い取ることになるので、割引率は全期前納払よりも高く、月払いや年払いの支払方法と比べて、中でも一番安く保険を買える支払方法だと言えるでしょう。

2-2-3.生命保険料控除の適用は1回限り

保険を買ったのは契約時の1回限りという扱いをされるため、生命保険料控除は契約した年の1回しか適用することができません。

3.全期前納と一時払い、それぞれに向いているケースとは

3-1.毎年生命保険料控除が受けられる全期前納払い

まとまったお金があり、毎年、生命保険料控除が受けたい人は全期前納払いを検討するといいでしょう。
月払いより保険料も安く、万が一、被保険者が早く亡くなってしまっても、未経過分の保険料は返還されます。

また、保険料の返還は解約時にも適用されるため、今後のライフプランにおいて保険の見直しもしやすいというメリットがあります。

3-2.保険料を安く抑えられる一時払い

まとまったお金があり、保険料の支払い総額を抑えたいと考える人は一時払いを検討するといいでしょう。
特に外貨建ての保険では、そのメリットが顕著に現れます。

また、解約返戻率が非常に高くなることもメリットと言えるでしょう。
通常、月払いなどの保険では長い年月をかけて少しずつ解約返戻金が増えていきますが、一時払いの場合は契約時に全ての保険料を支払っているため、契約してから数年~10年程度で元本を上回ると言われています。

4.まとめ

一括で保険料を支払う全期前納払や一時払いは、契約時点で金銭的に余裕がある場合には、保険料の総支払額を安く抑えることができたり、早いうちから保障を用意して、いざという時に備えておくこともできるので、有効な選択肢です。

しかし、どちらも一括で支払うため、ある程度のまとまったお金を用意する必要があったり、一時払いには早期死亡時のリスクがあります。
支払方法によって異なるメリットとデメリットを十分に理解した上で、後悔しない保険契約を行えるようにしましょう。

保険の加入や見直しをするなら無料相談を活用しよう!

ご自身の保険について更に詳しく聞きたい方には、全国の保険ショップで実施している無料相談を利用することをオススメいたします。

やはり対面でプロから直接教えてもらうと、様々なことに気づいて、本当に自分に合った保険が選べますし、保険料が安くなることも多くあります。

どこに行けばいいかわからないというかたは、全国1000店舗以上からお近くの保険ショップを探せるサイトがあるので、まずはそちらで検索してみるとよいでしょう。

インターネットで来店予約までできるので、ぜひ賢く利用して、納得の保険に加入しましょう。

⇒ 保険相談するなら、気軽なお近くの店舗で

Pocket

無料PDFプレゼント
【ライフステージ別に考える!生命保険の選びかた】

生命保険はどう選べば良いのか基準がわからず迷うことも多いですよね。

そこで「保険の知りたい!」から無料で読めるPDFをプレゼントいたします!

ライフステージ別に考えれば、加入すべき保険が見えてくる!!

なるべくわかりやすく解説してますので、ぜひご一読ください。


POPULAR POSTS- 人気記事 -

LATEST POSTS- 新着記事 -

RELATED SITES- 関連サイト -