子供の保険はいつから入るべき?加入時期と保険の種類

2017年2月28日
生命保険
Pocket

子どもの保険は何歳から加入するべきなのか、迷われている方も多いのではないでしょうか?

子どもの保険といえば、代表的なものとして学資保険が挙げられますが、他にも保障が必要になるケースは多く、保険に加入することによって、さまざまなリスクに備えることができます。

そこで今回は加入をおすすめしたい子どもの保険と、その加入のタイミングについてご紹介します。

大切な子どものためにも、ベストな選択ができるよう、加入のタイミングについて、しっかりと押さえておきましょう。

1.子どもが加入した方がいい保険

保険は大人が加入するものという意識が強いですが、実は子どもも加入しておいた方がいいケースがあります。
たとえば、教育費の心配をするのであれば学資保険、子どもの将来を考えるなら生命保険、ベビーカーを使わない年頃の子どもがいる場合には個人賠償責任保険などが挙げられます。

それぞれの保険の特徴と加入に向いているタイミングをご説明いたします。

2.学資保険

2-1.学資保険とは

「こども保険」や「学資保険」など、保険会社によって商品名は異なりますが、基本的な仕組みは同じです。
親が契約者となり保険料を積み立て、子どもが一定の年齢になったタイミングで満期保険金を受け取ります。
商品によっては、進学時にお祝い金が受け取れるものや、子どもの医療保障などを付けられる場合があります。

しかし、そういった保障を上乗せすると貯蓄性が低くなり、満期保険金を受け取った際、元本割れするケースがあるので加入前にはきちんと確認する必要があります。

2-2.学資保険の加入に向いているタイミング

出産前から検討し、出産後すぐに加入できるようにしておきましょう。

一般的に、小・中・高の教育資金準備目的であれば0歳~3歳ごろまでに、大学入学の準備が目的なら12歳ごろまで加入しなければならないケースが多いです。
商品によっては、出産前から加入できる場合があります。
もしすでに子どもがいて、学資保険への加入を検討しているのであれば一日でも早くご相談されることをおすすめします。

なお、子どもにかかる教育費の平均は下表の通りです。
保障額の設定の参考にしてください。

公立 私立
幼稚園3年間 415,671円 1,069,365円
小学校6年間 615,084円 5,590,368円
中学校3年間 502,158円 3,079,653円
高校3年間 728,076円 2,220,432円
国立大学4年間 2,425,200円
公立大学4年間 2,544,662円
私立大学文系4年間 4,175,683円
私立大学理系4年間 5,774,212円
私立大学医歯系6年間 32,526,242円

出典:文部科学省ウェブサイト
■幼稚園~高校:文部科学省 平成26年度子供の学習費調査
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2015/12/24/1364721_3.pdf
■国立大学:国立大学等の授業料その他の費用に関する省令
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H16/H16F20001000016.html
■公立大学:文部科学省 平成28年度学生納付金調査結果
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2016/08/10/1284481_07_4.pdf
■私立大学:文部科学省 平成26年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額(定員1人当たり)
http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/__icsFiles/afieldfile/2015/12/25/1365662_01.pdf

3.生命保険

3-1.子どものために加入する生命保険とは

子どもに万一のことがあっても、遺された家族は経済的に困ることはないでしょう。
そのため、基本的には子どもに生命保険は不要だと考えていいでしょう。

しかし、子どもの将来のことを考えると一概にそうとは言い切れません。

終身タイプの生命保険であれば、子どもが独立した後にも、一生涯の保障が続きます。
また払い込んだ保険料よりも解約返戻金が上回ったタイミングで解約をすれば、損をすることもなく、結婚や出産など、まとまったお金が必要になった際の資金としても活用することができます。

もし、生命保険への加入を検討しているなら下記のポイントを押さえておきましょう。

・元本割れしないこと
・予定利率が高いこと
・特約は控えめにすること

3-2.生命保険の加入に向いているタイミング

子どもの将来のために生命保険を検討しているのであれば、早めに加入しておくといいでしょう。

生命保険は基本的に幼ければ幼いほど保険料が安い傾向にあります。
保険料が値上がりしないタイプの保険に加入しておき、子どもが大人になったタイミングで契約者を子ども自身に変更しましょう。
そうすることで、子どもが社会人になった時、保険貧乏に陥ることはありません。

また、持病がないうちに加入できるというメリットもあります。
たとえば、1度でもがんと診断されれば、一般の保険には加入しづらくなり、引受緩和型の保険などで対応することもできますが、保険料は倍近く跳ね上がります。

将来、子ども自身の保険料負担を軽くするためにも、加入は早ければ早いほどいいでしょう。

4.余裕があれば加入しておきたい個人賠償責任保険

個人賠償責任保険とは、日常生活の中で他人にケガをさせたり、他人のモノを壊してしまった場合に使える保険です。

平成25年、当時小学5年生だった子が自転車を運転中に62歳の女性と正面衝突し、損害賠償金9,500万円が言い渡された事件がありました。
こんな時、個人賠償責任保険に加入していると保険会社が助けてくれるのです。

ベビーカーを卒業し、よちよち歩きで買い物中にお店の商品を壊してしまった場合や、家で遊んでいるときに窓ガラスを割ってしまったという時にも使えます。

5.まとめ

保障が必要なのは大人だけではなく、子どもであっても必要な保障は存在します。
そして、それに備えるためのさまざまな保険も存在します。

子どもの健やかな成長を守り、将来のことを考えるのであれば、早めの準備が大切です。
今回紹介した内容を参考に、いつから加入すれば子どものためになるのかをしっかりと見極めましょう。

保険の加入や見直しをするなら無料相談を活用しよう!

ご自身の保険について更に詳しく聞きたい方には、全国の保険ショップで実施している無料相談を利用することをオススメいたします。

やはり対面でプロから直接教えてもらうと、様々なことに気づいて、本当に自分に合った保険が選べますし、保険料が安くなることも多くあります。

どこに行けばいいかわからないというかたは、全国1000店舗以上からお近くの保険ショップを探せるサイトがあるので、まずはそちらで検索してみるとよいでしょう。

インターネットで来店予約までできるので、ぜひ賢く利用して、納得の保険に加入しましょう。

⇒ 保険相談するなら、気軽なお近くの店舗で

Pocket

無料PDFプレゼント
【ライフステージ別に考える!生命保険の選びかた】

生命保険はどう選べば良いのか基準がわからず迷うことも多いですよね。

そこで「保険の知りたい!」から無料で読めるPDFをプレゼントいたします!

ライフステージ別に考えれば、加入すべき保険が見えてくる!!

なるべくわかりやすく解説してますので、ぜひご一読ください。


POPULAR POSTS- 人気記事 -

LATEST POSTS- 新着記事 -

RELATED SITES- 関連サイト -