アカウント型保険の仕組みと知っておきたいデメリット

2017年1月30日
生命保険
Pocket

アカウント型保険 デメリット

自由度が高いと言われているアカウント型保険ですが、どのようなデメリットがあるのか、加入前に知っておきたいと思われる方も多いのではないでしょうか?

ほかの保険とは異なる性質を持っているアカウント型保険は、特徴の把握が難しい保険商品であるともいえます。
ATMのように使える保険として利便性に目を奪われがちですが、それだけで選んでしまうのは後悔のもとになります。

そこで今回はアカウント型保険とはどのような保険なのか、メリット・デメリットとあわせてお伝えします。
デメリットについてもしっかりと理解を深めて、自身にとって合う保険かどうかをきちんと見極められるようにしましょう。

1.アカウント型保険とは

アカウント型保険は積み立ての方法が特殊です。

一般的にアカウント型と呼ばれている保険の正式名称は「利率変動型積立終身保険」といいます。
終身保険という名前がついていますが、実際には終身保険そのものというより、「払込期間が終了したときに終身保険を買う権利がある積立タイプの保険」といった方が分かりやすいかもしれません。

下図を見ながら順に確認してみましょう。

アカウント型保険 デメリット

①毎月支払う保険料は「医療保障や死亡保障といった保障部分」の保険料よりも高く設定されており、その差額が「積立部分」に割り振られます。

その結果、毎月少しずつ積立部分の残高が増えていきます。
尚、どのような配分にするかは契約者が決めることができます。

②子どもの誕生により「死亡保障を手厚くしたい」「でも保険料はそのままがいい」という場合には、今まで積み立てたお金を死亡保障に割り振ることができます。

③保障部分の更新時期に「保険料を増やしたくない」と仮定した場合、死亡保障を下げたり、積立部分で補うなどの対策が可能です。
また、死亡保障をグッと下げた分、医療保障を少し充実させるなどの設定も可能です。

④子どもの大学入学資金など、まとまったお金が必要になった場合には、ATMのように積立部分からお金を引き出すことができます。

⑤保障部分の更新時期に、子どもが社会人になっている場合などには、図のように死亡保障を減額することで保険料をキープできます。
また、⑦に向けて余裕資金を積立部分に充当することも可能です。

⑥払込期間終了。

⑦⑥のタイミングで今まで積み立てたお金を使って終身保障へと移行できます。
商品によっては年金や介護保険等への移行も可能です。

2.アカウント型保険のデメリット

2-1.利率変動型のため、貯蓄額の予想が難しい

積立金部分の利率が変動するため、払込終了時の積立金が契約時に予測できず、「思いのほか貯まらなかった」と感じるケースもあります。

また、ATM感覚でお金を引き出せるため、ライフプランが狂わないよう気をつけなければなりません。

⑥のタイミングで積立金部分があまりに少ないと終身保障を買うことができなくなってしまい、老後の保障がなくなる危険性もあります。

2-2.保障は掛け捨てのため、戻ってこない

積立金部分には貯蓄性がありますが、保障部分は掛け捨てになります。
そのため、②や③のタイミングで保障を大きくしすぎると、積立金部分の貯蓄性がほとんどなくなってしまいますので気をつけましょう。

2-3.更新のたび、保険料が値上がりする

保障部分は掛け捨てであることは先述の通りですが、さらに定期保険同様、保険料の更新があります。

値上がりした保険料は、基本的に積立金部分から自動引き落としされます。
このことも考慮しないと、知らないうちにどんどん積立金がなくなっていき、いざというときに対処できなくなるので注意しましょう。

3.アカウント型保険のメリット

「1.アカウント型保険」で説明したように、その都度、ライフプランに応じて保障部分と積立部分を自由に変更できるのがアカウント型保険の最大のメリットです。

また「2-1.利率変動型のため、貯蓄額の予想が難しい」のようなデメリットを感じることがある反面、お金を容易に引き出せる流動性の高さはメリットとしても捉えることができます。

どちらも通常の保険にはない魅力です。

4.アカウント型保険に向いている人

ライフプランに応じて保障額などを変更できるアカウント型保険は、柔軟にプランを組みたい人であれば大いに活用することができます。

逆に、ライフプランを明確に描けない場合や保障額変更などの柔軟性を求めていない場合には、他の保険を検討した方がいいでしょう。

5.まとめ

特殊な性質を備えているアカウント型保険は、その仕組みをきちんと理解していないと、そのメリットを活かすことができず、後々に損をしてしまうこともあります。

前向きに保険を検討するための第一歩として、アカウント型保険のデメリットについても充分に理解を深めておきましょう。

どうしても分からないことがある場合や、不安に感じる場合には、保険窓口の担当者やファイナンシャルプランナーなど、専門家に相談することをおすすめいたします。

まだ保険を見直してないのですか?生命保険料が値下げされた今こそ見直すチャンス!

2018年4月に「標準生命表」の改訂され、保険料が下がっていることをご存知ですか?

これは、保険会社が「みなさん長生きするから保険料の払い出しが減っているので、その分保険料を安くしますよ」ということなのです。

せっかくのこの機会に、加入している保険を見直すべきです!

きちんと対面で保険について教えて貰いましょう

見直しには全国の保険ショップで実施している無料相談を利用することをオススメいたします。

やはり対面でプロから直接教えてもらうと、様々なことに気づいて、本当に自分に合った保険が選べます。

どこに行けばいいかわからないという方は、全国250店舗以上ある【保険見直し本舗】さんがオススメです。

取り扱っている保険の数がとにかく多いので、ピッタリのプランをきっと提案して貰えます

また、一部の都市部に偏った店舗展開ではなく、全国的に訪れやすいのも魅力です。

⇒ 保険相談するなら、気軽にお近くの店舗で

Pocket

無料PDFプレゼント
【ライフステージ別に考える!生命保険の選びかた】

生命保険はどう選べば良いのか基準がわからず迷うことも多いですよね。

そこで「保険の知りたい!」から無料で読めるPDFをプレゼントいたします!

ライフステージ別に考えれば、加入すべき保険が見えてくる!!

なるべくわかりやすく解説してますので、ぜひご一読ください。


POPULAR POSTS- 人気記事 -

LATEST POSTS- 新着記事 -

RELATED SITES- 関連サイト -